スポンサーリンク

エルドレインの王権・新カード情報&考察① といっても7月末の分から・・・

新カード情報

公開カード一覧

カード名:Chulane, Teller of Tales
マナコスト:(2)(緑)(白)(青)
レアリティ:神話レア
タイプ:伝説のクリーチャー – 人間・ドルイド
テキスト↓
警戒
あなたがクリーチャー呪文を唱えるたび、カードを1枚引き、その後あなたは、あなたの手札ら
土地カード1枚を戦場に出してもよい。
(3), (T), :あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札
す。


カード名:Arcane Signet
マナコスト:(2)
レアリティ:コモン
タイプ:アーティファクト
テキスト↓
あなたのマナプールに、あなたの統率者の固有色のうち1色の色のマナ1点を加える。


以下、気になったカードの考察

カード名:Chulane, Teller of Tales
マナコスト:(2)(緑)(白)(青)
レアリティ:神話レア
タイプ:伝説のクリーチャー – 人間・ドルイド
テキスト↓
警戒
あなたがクリーチャー呪文を唱えるたび、カードを1枚引き、その後あなたは、あなたの手札ら土地カード1枚を戦場に出してもよい。
(3), (T), :あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札
に戻す。


統率者については詳しくないので今回はこのカードだけ。
5マナ2/4とサイズは控えめ。


多色の伝説クリーチャーにありがちな本体が弱いシステムクリーチャー。
クリーチャー呪文を唱える度に成長のらせんがタダで使える。


唱える度なのでトークン生成などで複数回誘発させることはできないが、その分打ち消しづらいので良し。


自分のターン中であれば着地した直後にクリーチャー呪文を唱えることで必ず誘発させることができる。(着地解決後から次の自分のアクションまでの間に相手に優先権は移らないため)


何らかの手段でクリーチャー呪文を無限に唱えられるようになれば、(例えば遺跡の回収者を0マナで唱えられうようにして2枚で無限ループなど)デッキに残っているカードをすべて引き、強制アンタップすることなく土地をすべて出せるため直接勝ちにつながるかもしれない・・・。

(3)(T)のバウンスが活きるかどうかはプールや環境の影響を強く受けるので評価し難いが、ローテーション前のスタンで言うと不屈の巡礼者、ゴロスハイドロイド混成体など、繰り返し唱えることでアドバンテージを獲得できるカードを上手く使えるのであれば価値のある能力になるかもしれない。

総合すると周りのカードに左右されるカードなので未知数。だがプール次第では化ける可能性もある。

他のカードの公開が楽しみですねえ・・・。

コメント