スポンサーリンク

エルドレインの王権・新カード情報&考察③リーク画像の真偽が話題になっていた青赤PWが公開!

新カード情報

カード画像&翻訳


[+1]:カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。
[+1]:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+2/+0の修正とトランプルと先制攻撃を得る。
[-8]:カードを4枚引く。そうしたなら、任意の対象にあなたの手札の枚数と等しいダメージを与える。


SNS等で等でリーク画像が出回っていた例のPWですね。
硬すぎ強すぎ~と言われているこのカード、公式から正式に発表があったようです。

起動型能力

[+1]:カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。

普通にルーター。だけど3ターン目に出てきて忠誠6になるってのはめちゃくちゃ硬いですね・・・。

[+1]:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+2/+0の修正とトランプルと先制攻撃を得る。

ちょくちょく見る激安のイゼットカラーの速攻系デッキに相性が良さそうな能力。
パワー+2修整&トランプル&先制攻撃で戦闘ではとてつもなく強化されますねー。
しかも上記のと合わせて2つ+1能力を持っているんですよね。
+1でアドバンテージは取れないものの放置はしたくないですね。

[-8]:カードを4枚引く。そうしたなら、任意の対象にあなたの手札の枚数と等しいダメージを与える。

初期忠誠5で奥義8は見た目以上に早いですよ。ちょっと放置するとあっという間に決められちゃいます。
ほぼ勝利が約束されるような効果とは言えませんが、かなり勝利に近づく能力ですね。
フェアデッキ同士て4枚ドローのアドバンテージを覆すのは容易ではありませんし、最低4点が保証されている手札分のダメージも無視できるものとは思えません。

総評

基本的には前のめりな早いデッキ、あとはイゼットフェニックス等で採用されうるカードだと思います。
着実にアドバンテージを広げるような用途ではなく、ヘイト集め&盤面のサポートといった使い方になるのでしょうか。
これも対処しないといけないが、だからといって盤面を無視はできないだろう、って感じですかね~。
3マナPWで出たターンで忠誠6まで行くのは正直バケモンだと思います。
そして丸焼きで落とせない。これは地味ながら大きいんじゃないでしょうか。

これを採用するようなデッキで奥義を決められでもしたら、きっと次のターンには顔面火力が飛んできてゲームエンドになるでしょうし、使うデッキは4枚採用されることも少なくないでしょう。

これはなかなかに強いカードだと思います。活躍が楽しみですね!

コメント