スポンサーリンク

エルドレインの王権 新カードから個人的に注目しているカード紹介③ 黒編

新カード情報

どうもこんにちは、マルオです。
今日も注目カードの紹介をやっていきたいと思います。
黒編です。

黒槍の模範

2マナ3/1の瞬速、出た時に騎士1体に接死と絆魂を付与する。
これ自身を対象にもできるんですよね。なので自分の戦場にクリーチャーがいなくても無警戒に殴ってきた相手のデカブツと相打ちを取れる。
これは構築でもやれる子だと思います。

大釜の使い魔

アンコモンから紹介。黒猫ちゃん。
出た時に1点ドレインを行う1マナ1/1で、食べ物をサクると墓地から戦場に出せる。
何かのコンボパーツにしたいんだけど流石にウィザーズもちゃんと考えてるよね、スタンでは難しそう。
魔女のかまどをアンタップさせる手段があれば無限だったのになー。

永遠の大釜

あんまり注目はしていないけど神話レアなのでちょっとだけ書いておきます。
普通に唱えると12マナの伝説のアーティファクトだが、墓地のクリーチャー1枚につき(2)ずつコストが減るので、墓地に5枚のクリーチャー・カードがあれば(黒)(黒)の2マナで唱えられますね。
そして3マナとタップで墓地のクリーチャーを戦場に戻せます。ここまでは非常に強いです。
だが問題、デメリットの能力があります。
「あなたがコントロールしているクリーチャーが1体死亡するたび、それをオーナーの天秤座チーの一番下に置く。」
つまりクリーチャーが死亡しても墓地には行けないよ!ってことです。
手札やライブラリーから墓地に落とす分には問題ないのですが、戦場を経由してクリーチャーを墓地に送ることは出来なくなっていまいます。
1回リアニメイトするだけで勝負が決まるクリーチャー(例えばエルドラージの彼ら)を釣れるなら問題ないが、現在のスタン程度のクリーチャーでは試合が終わるまでに数回のリアニメイトが必要な場合も多いです。
だが逆に1回釣って勝てるならそもそもこのカードに頼らず適当なリアニメイトのスペルで十分ですし、ちょっと能力がちぐはぐ過ぎますねー。

永遠の若さ

望む数の墓地のクリーチャーをデッキトップに積み込める。
ぜひともボーラスの城塞と一緒に使いたい!

可能性、あると思います。

残忍な騎士

出来事にて2点のライプペイが付いた英雄の破滅が使える騎士。
本体が絆魂持ちの為出来事のライフペイを帳消しにできる、非常に噛み合った能力。
黒のシンボルが濃いですがその問題だけ解決できれば多くのビートダウン系のデッキで採用されるであろう1枚。絶対に強い。

願い爪のタリスマン

非常に軽いコストでデッキから好きなカードを1枚持ってこれるが、1回使うと相手も同じことができるようになってしまう。
一応その後でもう1回自分が使えるのだが、相手がライブラリーから好きなカードをサーチできてしまうのはあまりにも怖い。何らかの形で自分だけが恩恵を得られるようにして運用したい。
カーンで相手のアーティファクトの起動型能力を封じるか、テフェリーで自分の手札に戻すか、そのあたりが妥当だろう。
そのような運用ができるのであれば活躍できそうな1枚。

魔女の復讐

騎士もエレメンタルも絶対に許さない人のための1枚。
現状タフネス4以上が並ぶような種族で固めたデッキはなさそうなので、この除去の信頼性はそれなりに高そう。
もちろんメインからガッツリ投入できるカードではないので、サイドボードが主な居場所になるとは思う。
3マナでリセットをかけれるカードはそれだけでも結構な価値があるので、4マナ5マナ域で全体除去を積んでいるコントロールデッキでも騎士対策などでサイドボードに入れそう。
まだレアだし4枚積まれるカードでもないので値段自体はきっと安いと思う。

最後に

黒編はここまでです。
単色推しの影響もあって、素直な能力のカードが多いですね。
余談ですが先日友人とプロキシでの次期スタンのデッキを作ってフリプしてきたのですが、一番の感想は『オーコめっちゃ強い!!!!!!!』でした。

コメント