スポンサーリンク

エルドレインの王権 新カードから個人的に注目しているカード紹介② 青編

新カード情報

どうもこんばんは、マルオです。
ちょこちょこ記事を書いていますが、反応がないのは寂しいですね。
読んでくださった方、こちらのコメントでもTwitterのリプライでも良いので一言くれるとマルオは喜びますよ?

さてさて、先日は白のカードについて書かせていただきましたが、今日は青編です。
やっていきましょう。

厚かましい借り手

出来事では2マナのインスタントで対戦相手の土地でないパーマネントをバウンス。
分散ですね。
これだけだとテンポは得られますがこちらが1枚損するので構築ではあまり見かけないカードですが、3マナ3/1飛行瞬速のクリーチャーが付いてきます。
状況に応じて好きな方or両方をインスタント・タイミングで使えるのは流石に強いですね。
効果が素直なのであんまり神話レア感はないですが、青が濃いデッキでは比較的簡単に採用できると思いますので、お値段の方はそこそこいきそうですね。

湖に潜む者、エムリー

これが最初に公開された時、僕が思ったことは『ケシス・コンボに欲しい!!』でした。
まあ多くのパーツがスタン落ちするので共存はできませんが、ヒストリックでは猛威を振るいそうですね。
噛み合うカードが出てくれば化ける1枚だと思いますが、今の所僕は思いついてません。
ただ能力的には非常に好きなカードですので、何かのデッキで居場所を見つけてあげたいですけどねー。

願いのフェイ

サイドボードからノンクリーチャーカードを1枚手札に加えられる。
それもたった4マナで。
状況に合わせて最も有効な1枚を持ってこられる能力は思っている以上に強い。
そして条件もクリーチャーでなければ何でもOKと緩い。
そして使い終わった後や序盤に手札でダブ付いたときは2マナでパワー3まで止められる1/4のクリーチャーにもなれる。弱いはずがない。
これ0/4でも良かったのでは?3/1すら一方的に打ち取れるのはあまりにも強い。
序盤を耐えたいコントロール系のデッキとの相性も良い。
特にBO1ではサイドボーディングが存在しないため強力な対策カードをサイドから引っ張ってこれる能力はより強力になる。
構築でもこれから目にする機会は多くなると思う。

物語への没入

個人的には可能性を感じる1枚。7マナのインスタント4枚ドローでは流石にちょっと重いが、相手の墓地が7枚以上あると4マナ4ドローというスーパードローに化ける。
とはいえこれを使うためにライブラリー破壊のカードを入れるのも違うと思うんので、それなりに相手のライブラリーを自然と削れるデッキで使用したい。
そんなデッキがあるかは知らないが。

マーフォークの秘守り

1マナで好きなプレイヤーのライブラリーを4枚墓地に落とせる。
その後に1マナで0/4のブロッカーとして利用できる。ライブラリーアウトはもちろん、リアニメイトなどでも使えそう。
これも何らかのデッキで使いたい1枚。

選択

再録してくれてよかった。

ヴァントレスのガーゴイル

2マナ5/4飛行のおばけスペックのアーティファクト・クリーチャー・
攻撃するためには相手の墓地が7枚以上必要で、ブロックするためには自分の手札が4枚以上必要。
その条件さえ早い段階で達成できればとんでもなく効率のいいクリーチャーになる。
オマケ程度だが自分でも1枚ずつ各プレイヤーのライブラリーを削っていける。

最後に

青はそんなに紹介するカードはありませんでしたね。
なかなかおもしろいカードは揃っているんですがね。
青編はここまで!お疲れさまでした!

コメント