スポンサーリンク

エルドレインの王権 新カードから個人的に注目しているカード紹介④ 赤編

新カード情報

どうもこんばんは!マルオでございま~す!
いやー、こんなペースでエルドレインのカード紹介をしていて紙の発売日までに全ての紹介を終えられるのだろうか。
面白そうなデッキの紹介まで書きたいんだけど個別カードの紹介が終わらない。
緑編とかマルチ編の前にデッキ紹介の記事を書いても良いのだろうか。

ここで今更ながら宣伝させてもらうとね。
①MTGのアリーナ(日本語)
②MTGアリーナ(英語)
③マジックオンライン
以上3つのデッキリストを相互変換できるツールです。
元になっているツールは更にカード画像やマナコスト、共有用URLが表示されるんですけど、
一番欲しい機能はデッキリストの相互変換っぽいからそこだけスタンドアロン化した感じ!
両方とも無料でこのブログに設置してるので、ご自由に使ってくださいな~。

さて、じゃあ早速、赤のカードピックアップ紹介、やっていきたいと思います!

砕骨の巨人

3マナ4/3とかなり軽めの巨人。
赤の生物が3マナで4/3って事は何かデメリット能力が付いているのかな~と思いきや、自身が呪文の対象になる度にその呪文のコントローラーに2点のダメージを飛ばすメリット持ち。
除去される時にも最低限2点バーンの仕事をするし、キャストに対する誘発なのでほとんど止められることはない。
そして出来事は2マナの好きな対象に2点ダメージ&このターンのダメージ軽減を禁止する能力。
お得な能力の詰め合わせセットって感じ~。
ちなみに軽減できないってどういう場面で活きるのかって言うと、もう入れ替わりでスタンから居なくなるが濃霧系のカードを使う初期ネクサスのようなデッキを相手する場合や、プロテクションを貫通させたいときなどに使えます。
プロテクションは戦闘ではその対象からのダメージを軽減しているだけですので、それを禁じてしまえば戦闘のダメージは通ります。

初子さらい

たったの1マナで相手のコスト3以下のクリーチャーを1ターン借りられる。
リミテッドでは何らかの手段で自分のクリーチャーを生け贄にできる能力と組み合わせて、パクって殴ってから生贄にするというアドアドしい動きのためにピックされることがある。
赤くて早いデッキがアグロデッキ同士の対戦時にサイドから入れることで最後のひと押しになりそう。構築でも見かける可能性は十分にあると思います。

エンバレスの宝剣

あんまり注目してないけど神話レアなので一応。
インスタントタイミングで装備できる伝説のアーティファクト。
アタックしているクリーチャーの数だけコストが減る。
装備しているクリーチャーは+1/+1修整を受けてトランプルと二段攻撃を得る、と。
装備すれば強いんだけどねー、早めに引きたいから4枚デッキに入れたいけど伝説だから戦場には1枚しか出せないし、それなりに横に展開できないと安く唱えられない。
安定性で考えるとあんまり採用したくないかなーと思ってしまいますね。
攻撃クリーチャーの数を参照して安くなるわけだからテフェリーが居るだけで安く唱えられないのか。うーん、絶妙な調整!笑

投げ飛ばし

再録なんだけど、一応紹介。俺はこのコンボを決めたいんだー!!!ってデッキに皆が入れたがる一枚。
それと今回のプールには面白い相方がいるんですよね。

まあリミテ向きのコンボですが、好きな人はこういうの好きだろうからね、物好きな人が構築でも完成度の高いデッキを持ち込んだりしないかなーと期待している。

アイレンクラッグの紅蓮術師

3マナ0/4とタフメス重視のシステムクリーチャー。
名前長いよね!てかこのカード、Twitter等ではデブ霊夢って呼ばれているらしい。
僕は東方を詳しく知らないのでよく分かっていないが、まあ皆にはしっくり来ているらしい。
知りたい人はご自身で調べてみてください。
各ターン2枚目のカードを引くたびに好きな対象に3点のダメージを飛ばせる。
要するに各ターンの2枚目のドローに稲妻に一撃がオマケで付いてくる。


勘違いしている人が多いのですが、2枚目のカードを引いたときだけですよ。
2枚目以降のカードを引く度ではありませんし、その際に引いた枚数も関係ありません。
でも相手のターンでもこの能力は誘発しますので、薬術師の眼識などを相手のターンに唱えればそのときにも誘発します。

また伝説でもないので複数枚並べるとその分だけ誘発する。
守りきれればそれだけで試合を終わらせるだけのパワーがあります。
個人的にはぜひともこれを主軸にしてデッキを組みたい大注目のカードです。

胸躍る可能性

胸躍る可能性 !!ルンルン!!
インスタントになって返ってきた苦しめる声っすね!

上記のアイレンクラッグの紅蓮術師と非常に好相性。これ1枚で相手のターンに2枚ドローという難しい条件をクリアできる。
航路の作成と苦しめる声を失ったイゼットフェニックスも、これがあれば生きていけるかも知れない。

朱地洞の族長、トーブラン

トリプルシンボル伝説のクリーチャーサイクルの赤。
4マナ2/4と見た目のサイズは控えめだが、自分の赤からのダメージ全てを+2する。
自身も当然効果の範囲内に含まれるので、実質的にはパワー4。
トリプルシンボルなので拘束はきついが、それだけの価値のある強力な能力を持っている。
巷で話題になっている最高の相方はこの1枚。

また、他にもこのデッキを成立させうるパーツが十分に揃っている。

公式のカードギャラリーの画像サイズが違うからちょっと見にくいかな・・・。ごめんなさい。
近いうちにサイズ変換ツールでも作って対応します(本職だしね)。

エルドレインの王権が参入する前から環境に存在する災厄の進行デッキにすんなり入る強化カードですね。これ、友人にプロキシ戦で使われたんですが理想ムーブされたらお手上げ~って感じでした。

最後に

赤も結構豊作ですなぁ。
個人的に一押しなのはアイレンクラッグの紅蓮術師(デブ霊夢)です。
きっとアリーナにエルドレインの王権が実装されたら何かしらの形でデッキを組んで使うと思うので、そのときはまた記事を書かせていただきます。
赤編はこのあたりで。読んでくれたりがとう。
それでは、良いマジックライフを~!

コメント