スポンサーリンク

自作ツール『MTG-ELEVEN』の紹介

その他

どうもこんばんは。
ご無沙汰してます、マルオです。

今回は僕が作った最新WEBツール、MTG-ELEVENのご紹介です。
※簡単に機能の紹介をしていますが、触っていただくのが一番早いです。

※この記事で書かれている使い方等は、2020年2月の大型アップデートを行う以前のものです。
最新バージョンでの使い方は、リンク先の『このツールで出来ること&使い方について』をご覧ください。

MTG-ELEVEN
デッキリストを解析/共有するサイトです。

ちなみにアプリ名ですが、「私はイレブンじゃない!日本人だ!」てきなところから貰ってます(笑)

利用のための注意事項、というか技術不足による仕様

ブラウザのキャッシュを利用してデッキデータを保管するため、複数タブで開くとキャッシュのデータが新しく開いたデッキのものになります。
ですので、なるべく複数タブでは開かないでください。


ダウンロードした画像がもともとのものと異なる場合やODFが正常にダウンロードできない場合は表示されているデッキと一番最後に変換したデッキが異なる場合が多いと思います。
その場合は、ダウンロードしたいデッキのページを一度更新してください。


画像かPDFのダウンロード中にもう一方のダウンロードは開始しないでください。
多分止まっちゃうと思います。


入力フォームから投げられたデッキリストを元にページを生成するため、基本的に戻るボタンではデッキリストのページは表示できません。
ブラウザによりますが、「フォーム再送信の確認」などで再送信を促されると思いますので、F5を推したりしてページを更新してください。
(「フォームを再送信しますか?」と聞かれたら「はい」。を選択してください。)

機能紹介

対応リストと表示までの時間

使い方は前回のツールと同様で、テキストを入力して下のボタンを押すだけです。

1、MOのデッキリスト
2、MTGのアリーナ(日or英)のデッキリスト
3、MTGGOLDFISHさんの単一のデッキを表示しているURL
4、晴れる屋さんの単一のデッキを表示しているURL
以上4種類のテキストに対応しております。

カード情報の検索は基本的に新しいカードから順に照合しますので、スタンのデッキなら表示されるまで数秒、パイオニアで15秒くらいですかね。
一応ヴィンテージも行けるはずですが、借りているサーバーの問題で30秒を超えるとタイムアウトになっちゃうのでモダンあたりが限界かもしれない。

では詳細表示後の説明になります。

例として以下の晴れる屋さんURLで変換してみます。
https://www.hareruyamtg.com/ja/deck/257586/show/

で表示されるのがこんな感じ。
※一部、公式の配布しているデータに日本語の情報がないものがあります。
それらのカードは英語の情報が表示されるようになっております。

最初に表示される画面

個別カードの詳細表示

カードの一覧がカードタイプ別になって青い文字で表示されましたね。
この青文字のカード名をクリックすると左下の空白部分に詳細が表示されます。

カード名からテキストなどなど、まあ当たり前の情報が出てきます。
右側に出でいるボタンをクリックすると、それぞれMTGwikiとwisdomのページが新しいタブで開きます。
一応値段はリンクに飛ばなくて表示できるようにしておきました。

両面カードにも対応してます。
こんな感じ⇓

上部の第1面、第2面って文字をクリックすると切り替わります。

サイドメニューの機能

これがサイドメニュー的なやつですね。
変換情報は変換ができなかったカードのリストやツールの簡易説明が出てきます。

インポート用リストの表示

イポート用リストはMO、アリーナ(英語)、アリーナ(日本語)の3種類が表示されます。
(アリーナ用のテキストはすべてのカードがアリーナ対応の場合のみ表示されます。)

これも上部の文字をクリックして切り替えられます。
リストの部分をクリックすると自動的にすべて選択されるのでそのままコピーしてお使いください。

画像、PDFのダウンロード

一覧画像のダウンロードを押すとごく一般的な一覧の画像がダウンロードされます。
クリックされてから画像を生成するので、一般的なデッキで10秒~20秒くらいかかります。
原野デッキみたいな描写の多いデッキだと30秒近くかかるかも知れません。

PDFのダウンロードの際は表示される画面で必要なカードの種類を枚数を指定してください。

こんな感じのPDFのがダウンロードされます。

これも少々時間がかかります。僕の技術力の限界なんです、すみません・・・。

ソート画面

左上にちゃっかりこんなアイコンがあります。
最初の状態では左側が青くなっていると思います。
右側のテンテンテンをクリックしてください。

するとこんな画面が表示されます。
上のバーで表示したいカードの条件を指定して下しい。
複数種類の選択が可能です。

条件1、サイド
条件2、赤
でこんな感じ。

左上のすべてをクリックすると条件がリセットされます。

最後に

ここまで読んでくださってありがとうございます。
興味を持っていただけたならぜひ使ってみてください。
人に進められると思ってくれたなら、SNSとかで拡散してくれると僕はうれしいです!

ではでは、皆さん良いマジックライフを!

コメント